トヨタの最新情報をお届け!

その他、自動車業界の気になるニュースをピックアップ!

  • HOME  >  
  • 業界ニュース  >  
  • トヨタ 国土交通省の「被災地におけるバリアフリー車両活用・実証事業」に対し、福祉車両を無償提供

業界ニュース

2011年8月 3日

トヨタ 国土交通省の「被災地におけるバリアフリー車両活用・実証事業」に対し、福祉車両を無償提供

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、国土交通省が被災地における復興支援およびバリアフリー車両の意義や効果の確認を目的として実施する「被災地における新たなバリアフリー車両の活用・実証事業」に対し、ウェルキャブ(福祉車両)を2台無償提供する。

提供先は国土交通省が指定する被災地の2市町村で、震災にて公共交通機関が大きな被害を受けた地域において、生活の足としてご活用いただくとともにバリアフリー車両運行へのご意見・評価等を頂き、今後のバリアフリー車両の普及に活かしていきたいと考えている。

トヨタは、3月11日の地震発生以来、被災地域の復興のため、様々な復興支援を実施しており、本年6月には、「人やモノだけでなく、被災地へ『支援の心』も運びたい」との考えのもと、「ココロハコブプロジェクト」を立ち上げた。

車両提供についても、これまで震災により被害を受けた4県(岩手、宮城、福島、茨城)などに、合計約260台を提供している。

トヨタは今後も、継続的かつ長期的に東北の復興支援に取り組んでいくとのこと。

関連リンク